1/4

A r t  C a r a v a n

 

2004年よりニカラグアの首都マナグア中心部、オリエンタル市場近隣の小学校や廃墟ビルの壁に現地の子供達と壁画を描く活動を実施しています。2011年には大地震で多大な被害を受けたハイチにて孤児院、幼稚園、小学校を訪れ子供達と壁画を製作しました。また津波被害のあった石巻市でもアートワークショプを実施し、現地の子供達と一緒に作品を仕上げました。

これが何の役に立っているか?何のためにやっているのか?今のところ的確な答えはありませんが、自分なりに考えて精一杯やってみた‘平和の表現’です。‘アート’は食糧や住居、医療などのように人が生きるために必要な要素として真っ先に数えられないかもしれませんが、何かしら空間や心を彩り、人の内側に温かみを与えるものであると信じて描いています。​

Copyright (C) Rihito Masuyama  All Rights Reserved.